ラッピングは電車やバスで車体に塗装をする替りに特殊なフィルムに絵を描いて、これを貼り付ける方法のことです。こうした公共交通機関の他にも、一般車両を特殊な塗装技術がなくても簡単にデフォルメ出来るものとして趣味の世界では活用されています。ラッピングの利点は、まず塗装の上から貼れるので手間がかからない事、小規模な貼り付けであれば特殊な工具や技術も要らず自力で施工することが出来る点、そしてコスト面で圧倒的に優れていることなどが挙げられます。こうした数々の利点を備えているラッピングは、営業車に使うのに大変向いています。

営業車は一部を除いて車体全体を塗り替えるまでは行わない例も多数見られますが、塗装となると本来の塗装を一度落とすなどの作業も発生してしまい、その他の用途には使えなくなってしまいます。つまりは営業車に記名をしてしまうと下取り価値が落ちてしまうのです。将来的な事を考えれば、社名やロゴ程度の塗装で価値を落とすのは得策ではありません。ラッピングであれば今の塗装の上から簡単に貼れますし、張り替えも簡単ですから色あせた時の対応も楽です。

更にイベントやキャンペーンなど期間限定で行うものをアピールしたいなどの場合にもラッピングは使いやすいです。その期間中だけ営業車に貼っておき、期間が過ぎれば剥がせばよいのです。しかもこうした作業はそれほど特殊ではないので、自社ですぐに取り組めます。営業車の広告宣伝効果を最大限に発揮させられる便利なアイテムなのです。