蛇口の水漏れを自力で修理する方法

水道の蛇口からの水漏れを何とか自力で修理したいと思う場合、まず手始めに行うべきことは蛇口の種類をチェックすることです。基本的には二つの種類があると言われているため、レバーが一つだけのシングルレバー混合水栓か、二種類のハンドルが付いているハンドル混合水栓のどちらかを見極めなければなりません。蛇口の水漏れを自力で修理するためには、ふさわしい工具を準備し使用することも必要です。例えば、ナットを緩めるためにはプライヤーやモンキーレンチが必要ですし、内部の細かな部品を取り出すためにはピンセットがあると便利でしょう。

さらに蛇口そのものを外す際には、水栓レンチを利用することができます。このようにふさわしい工具を事前に準備するとともに、実際作業に取りかかる前には止水栓を閉めておくことを忘れないようにします。自分で効率良く修理するためには、水漏れする箇所をきちんとチェックしておく必要があります。例えば、シングルレバー混合水栓の場合、レバーの下やスパウトの周り、また止水栓の接続部分や吐水口といった箇所のうち、どこが問題なのかを見極めることができますし、ハンドル混合水栓の場合であれば、吐水口やパイプの付け根、ハンドルの下や蛇口の取り付け部分のうちのどの部分に問題があるかを確認することができます。

このようにして、水漏れを引き起こしている原因を特定することによって、被害を最小限に抑えながら修理することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です