蛇口からの水漏れ修理はスピードが大切

水はどんな小さな隙間でも通り抜けるだけでなく、建物の材質が木材なら浸透することもできるため、目に見える場所以外でもトラブルが起きてしまう可能性があるのが特徴です。建物のキッチン・浴室・トイレなど、水を使う設備を総称して水回りと呼びますが、水回りのトラブルは詰まりと漏れの二種類のいずれかです。しかし、実際には排水管の詰まりが原因で逆流した水が漏れてきたり、蛇口の閉まり方が不完全で漏水につながるなど、原因はシンプルでも起こる症状はさまざまであり、それが原因解明や修理の難しさにつながります。たとえば、電気製品の故障の場合は正常な状態と故障した状態のどちらかに分類することができますが、水回りではたとえばトイレの配水管が完全に詰まってはいないが、異物で狭くなっている場合に、1回流しても問題がないが、短時間で大勢が利用すると排水の許容量を超えて逆流してしまいます。

蛇口からの漏水でも、大量に漏れてはいなくてもじわじわと浸透するように流れて、完全に止めることができない場合があります。そんな時は、蛇口を強く締めることで一見治ったように見えても、少しずつ漏れ出る水は時間をかけて被害が広げていきます。水回りのトラブル修理は、電気と違って正常か異常の二者択一ではなく、その中間があることに注意します。初期対応では現に漏れ出ている水を止めて、第二段階の対応では原因究明と根本修理まで行う必要があるので、専門業者に依頼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です